肌トラブルになる事も?全身脱毛の前後には運動は厳禁

全身脱毛を受けるときは、高温の光を肌に照射することになります。毛母細胞に熱を加えダメージを与える、あるいは焼く方法ですので、施術後は肌が火照った状態になります。

これを最小限に抑えるため、脱毛する前には冷却ジェルを塗布するなど肌を冷やし、終わったあともクールダウンさせるようになっています。

このような処置をしなければ、肌が熱をもってしまって火傷するリスクが高まるからです。それゆえ、全身脱毛を受ける前と施術が終わった後には、肌の温度を上げるような運動は避けなければいけません。

もし体を激しく動かして体温が上昇したまま施術を受けたとしたら、確実に肌へのダメージとなってしまいますので、サロンなどでは肌の状態をチェックした際、そのような高温になっていれば施術を断る場合もあります。

また、施術後も同様であり、運動によって肌の血行がよくなりすぎると、熱で火照っている肌は赤みや痒みが強くなる可能性も否定できません。どうしても体を動かさなければいけないような事情があるときには、事前にサロンに相談して施術日をずらすようにすると安心です。

肌トラブルはすぐに改善できればいいですが、体質によっては跡が残ってしまいかねませんので、肌を保護する意味も込め、できるだけ運動は行わないことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする