全身脱毛を行えば永久に毛が生えなくなるというのは勘違い?

全身脱毛は基本的に「永久脱毛」として行われることになります。一部のクリニックやサロンでは一時的な処置として行うこともありますが、レーザー脱毛や光脱毛といった方法になると、基本的には永久脱毛だと考えておくべきです。

ただ勘違いしてはならないのは、全身脱毛と言ってもそれが言葉通りの「永久」ではない可能性があるということです。

これはアメリカの電気脱毛協会で作った定義が、あくまでも「最後の施術から1ヶ月間に生える毛の量が施術前の20%以下である」というものでしかないからです。

例えばある人が1万本の毛を脱毛したとして、その後に2千本の毛が生えてきたとしても、それは定義上は問題ないということになります。

ただ、実際としては一度しっかりと施術を受けた後で「毛がすぐにたくさん生えてきた」というような乾燥を抱く人はほとんどいません。

もちろん元々技術や設備が未熟なサロンやクリニックで施術を受けてしまった場合にはこの限りではありませんが、事前にしっかりとサロン・クリニックを選べばそうしたトラブルが発生するリスクは低く抑えられるでしょう。

全身脱毛を成功させるには、事前の知識と準備が最も大切な要素になります。契約をした後で後悔をしてしまわないよう、下調べは入念に行ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする